【必見】大学生の恋愛相談は誰にするべき?ランキングで紹介!

あなたは、恋人との関係に悩んだときに、誰に相談していますか?

誰に相談していいか分からないという方に向けて世の中の大学生は誰に相談しているのか気になりませんか?

それを知ることで、あなたの悩みも誰かに相談することができると思います。

それでは、見ていきましょう。

私のプロフィール

uchito

・恋愛相談回数150回以上

・振られた経験がない

・4人に告白して4人とも成功

経験や恋愛のコツを発信しています。

この記事を読んでわかること

・相談ランキング

・相談を受けたときに気をつけたいこと3選

・相談をするときに気をつけたいこと3選

 

大学生恋愛相談ランキング!

マイナビによると

大学生にとったアンケートで「普段あなたが恋愛相談をする相手は誰ですか?」という質問をしました。

結果は表の通りです。

恋愛相談ランキング

1位 大学生の友達

2位 母親

3位 サークルの友達

4位 ネット上の知り合い

5位 バイトの友達

この結果を見て、想像通りと思った方や意外だなと思った方がいたと思います。

それぞれの理由を見ていきましょう。

 

 

1位 大学生の友達

1位の大学生の友達に相談するという結果は、想像通りだと感じた人も多いと思います。

大学生活をしていたら、自分の周りにいる人に相談するのが普通になったり、同じ年代ということで、相談しやすいと思います。

逆に、友達の恋愛相談を受けたという方も大勢いると思います。

やはり、普段一緒にいることで、雑談から、恋愛の話になる経験もたくさんあると思います。

大学の友達は相談しやすく、相談される回数も多くなるので、1位という結果は想像通りだと思います。

uchito

友達のことにも気をつけながら相談しましょう!

 

 

2位 母親

2位の母親という結果に驚いた方もいると思います。

大学生にもなって、親に相談しないという方もいる中で、相談相手の2位が母親という結果は、何歳になっても、自分の親というのは頼りになる存在ということを示していると思います。

それに、親は、友達とは比べ物にならないくらい、あなたを知っていて人生の先輩としてもとても頼りになります。

もし、どうにもならない悩みを持ってかたがいたら、自分の親に相談してみるのも方法の1つです。

絶対に、味方になって、応援してくれます。

uchito

自分の親は、最強の味方です!

 

 

3位 サークルの友達

サークルは、同じ歳だけではなく、年上や年下など年齢もバラバラなので、たくさんの意見を聞くことができます。

サークルの先輩と後輩は、自分と同じ経験をしている人もいる可能性があります。

親とは違い、年齢も近いので、良い相談相手になってくれます。

uchito

まずは、信用できる人に相談しましょう!

 

 

4位 ネット上の知り合い

ネット上に知り合いに恋愛相談するということは、顔も知らない相手に相談しているということでもあります。

女性

そんなことできない!

男性

怖くて出来ない!

こんな意見を持っている人もいると思います。

逆に、「顔が分からないから相談できる」という人もいると思います。

もし、誰でも良いから相談したいという方がいるなら

ココナラというサイトでお金はかかりますが、電話相談ができるので、試してみてもいいと思います。

uchito

ネットで相談するときは、プライバシーに気をつけましょう!

 

 

5位 バイトの友達

バイトの友達は、同じ大学や違う大学という可能性もあります。

違う大学の場合、恋人のことを知らない可能性もあり、相手を知らないことで、偏らない、客観的な意見をもらうことができます。

バイトの友達は、大学の友達と同じで会う時間が多いということで、相談しやすいです。

uchito

バイトのことを考えながら、相談をしましょう!

 

 

相談を受けたときに気をつけたいこと3選!

まずは相手の話をしっかり聞く

相手が相談相手にあなたを選んだということには理由があると思うので、まずは、話をしっかり聞くことが大事になってきます。

何について話しているのか、相手はどんなことを求めているのかを見極める必要があります。

女性

どうしていいか分からなくて、解決策が欲しい!

男性

気持ちは決まっているけど、一歩踏み出せない!

相談するときの気持ちは、人それぞれなのでまずは、何を求めているのかを知るためにちゃんと話を聞いてあげましょう。

uchito

まずは、相手が何に悩んでいるのか一緒に考えましょう!

 

 

相手の意見に対して反論しない

相談をする人は、何か悩んでいるから相談すると思います。

そういう悩んでいる人の話を聞いて、明らかに相手が間違っている場合でも、「それは違うよ」と反論することは避けましょう。

相手も正しい答えは知っている上で相談していると思います。

どうしても言いたいのであれば、アドバイスという形で、優しく伝えましょう。

間違っても、上から目線で言うのはやめましょう。

uchito

正論は相手にとって、嫌なことになることもあるので気をつけましょう!

 

 

プライバシーには注意

相談内容によっては、誰にも聞かれたくない内容の話もあると思います。

相談を受けた人は、信頼がある関係なので、相談内容を第三者に伝えることは避けましょう。

こういう話をすぐ周りに広がる可能性があり、それが広まった場合、そこまで培ってきた信頼感が崩れてしまいます。

相談してくれた相手も嫌な思いをしてしまいます。

uchito

信頼があってこそ、相談はできるので相手の信頼を失うことはやめましょう!

 

 

相談をするときに気をつけたいこと3選!

相手のことを考える

相談するときに1番気をつけないといけないことは、相談する相手の状況を考えることです。

忙しいときに相談しても、ちゃんと聞いてくれない可能性もあります。

あなたが相談受ける側だったらわかると思います。

男性

ちょっと相談があるんだけど、時間ある?

課題があるし、テストが近いから時間ないな!もうちょっとあとにして欲しい!

女性

こんな状況になったことがある人もいると思います。

逆に、相手も真剣に聞かないといけないことを聞けてないということで、申し訳ない気持ちが出てくることもあるので

そういうときはお互い良い話し合いができないので、相手の状況を考えて、相談をしましょう。

uchito

相手の状況を考えて、相談しましょう!

 

 

自分の悩みを解決してくれそうなのか考える

相談相手を選ぶときに、どういう基準で選んでいますか?

仲のいい友達、恋人のことに詳しい人、などいろんな基準で選んでいると思います。

ただ自分の話を聞いてほしいということであれば大丈夫ですが解決策を求めている場合は、自分と同じ経験をしたことのある人を相談相手に選ばないといけません。

相手側からすると、自分がまったく経験したことのないことを相談されても、良いアドバイスを伝えることができず、相談する側もスッキリしないで終わる可能性もあります。

お互い気まずい雰囲気で終わるので、それは避けましょう。

uchito

相談する前に、相手が解決できそうか考えてみましょう!

 

 

お礼を忘れずに

相談が終わったら、必ずお礼を言いましょう。

相手をあなたの話を聞く時間を作ってくれていて、本当は、聞く余裕がなく、自分の方が悩んでいたということもあるので、しっかり「ありがとう」を伝えましょう。

あと、相談が終わったあとに、何か進展があった場合も、相手に報告をしましょう。

話を聞いた側は、その後どうなったのか気にしていると思うのでそれも忘れずに伝えてください。

話の進展を1番最初に伝えるということも大事です。

「最初に伝えたかった」と言うだけで、相手も相談した甲斐があったなと思い、また何かあったときに相談に乗ってくます。

お互いの関係も大事にしていきましょう。

uchito

相談したあとの関係も大事なので、相手のことを考えて、行動しましょう!

まとめ:相手に思いやりの気持ちを持ちましょう!

相談をする側、される側の両方に大事なことがあります。

それは相手のことを思いやるということです。

これだけは、何があっても忘れないでいてほしいです。

相手を思いやるということは、相手の話を聞こうとする姿勢につながり、相談をする側は、相手の状況を考えることにつながるので、お互いが良い気持ちのまま話し合いができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA